無添加化粧品は添加物が配合されていなく肌に優しい成分の化粧品といったイメージが強いですが、メーカーによっては使いやすさが違ってきます。 基本的に肌に悪い成分があまり配合されていませんので人によってはたっぷりと使用していれば保湿に良いと思いがちになっています。 しかし、そういった使い方だとメーカーによって配合されている成分も違い、効果的な保湿になってはいないのです。 無添加化粧品であってもそうでなくても保湿を効果的にするためには入浴後に毛穴が開いている状態で行なうのが良いです。 毛穴が開いていないと肌の内側までしっかりと浸透させるのが難しいのでベストなタイミングとなります。 毛穴が開いていると浸透しやすいですが、逆にそのままにしておくと水分はすぐに蒸発してしまいます。 水分を蒸発させないために化粧水を塗ってからクリームを塗って肌に蓋をしないといけません。 このように無添加化粧品であってもしっかりとした手順でしっかりとしたケアをしなければ全く意味がありませんから効果的に保湿する場合は化粧品だけではなく正しい方法でなければなりません。 良い化粧品を使用する事は間違いないですけどケアの方法も同じぐらいかそれ以上に重要な事になります。

 

投稿者プロフィール

小田美江(登録販売者&コスメコンシェルジュ)

「出会った方に幸せが訪れるように」ECコスメショップや大手量販店で勤務した経験を元に、皆様に健康的でワンランク上の特別なお肌を取り戻せるようにお手伝いさせていただいています。薬局では、明るい笑顔と丁寧な接客で頑張っています。


 好きなものや趣味 美術鑑賞 旅行

 苦手なこと 人混みの中