乾燥肌の人には無添加化粧品が良いと言われますが、なぜだかご存知でしょうか。 乾燥した肌を潤すためには添加物云々よりも、セラミドやコラーゲンなどの高保湿な美容成分配合の化粧品を使った方が肌の水分量が高くなるのでは?と、化粧品の配合成分にこだわった方が良いと考える人もいるかもしれません。 もちろんセラミドなどの保湿成分配合の化粧品を使うのは、乾燥した肌細胞の水分量が上がるので良いのですが、それ以前のある問題が乾燥肌にはあるのです。 乾燥肌の人はただ肌細胞の水分量が少ないだけではありません。 肌に充分な水分量がないと肌のバリア機能が低下してしまうのです。バリア機能とは私たちの肌に本来から備わっているもので、外部刺激から肌を守ってくれる機能です。 バリア機能が低下すると軽い紫外線や化粧品、布がこすれるなど健康な肌の人では何も起こらないようなちょっとした刺激でも肌荒れを起こしやすくなります。そして効率よく水分を摂りこめないのでさらに乾燥するという悪循環に陥ります。 バリア機能が低下した肌は化粧品に使用される添加物にも反応して肌荒れを起こすことも珍しくないため、せっかくの美容成分も効率よく吸収できなくなるため、まずは肌への刺激のない無添加化粧品で日々のケアをすることが大切なのです。