食品だけでなく、化粧品にも無添加と書かれているものがあります。食品では香料や着色料、保存料、酸化防止剤、甘味料などが添加物として登録されています。化粧品では、パラベンや合成香料、着色料、合成防腐剤などがあります。 無添加化粧品の定義としては、肌に影響を及ぼすとされている102種類の成分が含まれていない物を指します。2001年に薬事法が変わり、化粧品に配合されているものはすべて表示するように決められました。この102種類の成分を旧表示指定成分と呼び、それらの成分が含まれていないものを、旧表示指定成分無添加化粧品としています。 無添加化粧品には、様々な種類があります。自然由来の成分で作られているもの、合成界面活性剤を使用していないもの、合成香料や着色料、合成防腐剤を使用していないもの、パラベンなど旧表示指定成分のものを使っていないものです。一つでも使用していないないと無添加化粧品と表示することもあるので、どのような成分が無添加なのか成分表を確認する必要があります。 なお、化粧品は防腐剤が含まれていると肌に良くないイメージがあり、防腐剤無添加のものが多くありますが、保存方法によっては腐ってしまうこともあり、防腐剤を使用しなくても他のもので代用している可能性もあります。各メーカーでは成分を公表しているので使用する前に確認をしておくと安心です。