無添加って・・・、何が無添加?!

食品だけでなく、化粧品にも無添加と書かれているものがあります。

食品の場合は、香料や着色料、保存料、酸化防止剤、甘味料などが添加物として登録されていて、その一部が無添加な場合もあれば、それら全てが無添加の商品もあります。

一方 化粧品の添加物としては、パラベンや合成香料、着色料、合成防腐剤などがあります。

『無添加化粧品』の定義としては、肌に影響を及ぼすとされている102種類の成分が含まれていない物を指します。

少し細かいお話になりますが、、、

2001年に薬事法が改定され、化粧品に配合されているものは すべて 表示するように決められました。

それに伴い、指定された102種類の成分を「旧表示指定成分」と呼び、それらの成分が含まれていない化粧品を「旧表示指定成分無添加化粧品」と定義したのです。

ちまたに溢れる『無添加化粧品』

では、一般的に皆さまが目にされる『無添加化粧品』の実態はどのようなものなのでしょうか。

無添加化粧品には様々な種類があります。

自然由来の成分で作られているもの、 合成界面活性剤を使用していないもの、 合成香料・着色料・合成防腐剤を使用していないもの、 パラベンなど旧表示指定成分を使っていないもの です。

どれか1つの成分を使用していないだけでも ”無添加化粧品” と表示することもあるのが現実なので、

ネーミングやパッケージの目立つ文字だけを安易に信用せず、どのような成分が無添加なのか 成分表を確認して、ご自身に合ったものを選んでいただきたいと思います。

ただ、補足ですが・・・

化粧品は防腐剤が含まれていると肌に良くないイメージが根強くあり、防腐剤無添加のものも多くあります。

もちろん、できるだけナチュラルなものが望ましいとは思うのですが、保存方法によっては腐ってしまうこともありますし、防腐剤を使用しない代わりに他のもので代用している可能性もあります。

各メーカーでは成分を公表しているので、使用する前にしっかり確認をしておくと安心です!